小中学生

01:硬筆(鉛筆)練習
小中学生は、硬筆(鉛筆)と毛筆の両方を練習します。教室に来たら、鉛筆、下敷き、用紙が置いてある場所から自分で用意して、手本を見ながらまず1枚書きます。消しゴムは使いません。
02:添削&アドバイス
1枚目が書き終わったら、先生に見てもらって直してもらいます。写真のように自分で直してみたり、お友だちと交換して直し合ったりすることもあります。直す場所がわかったら、2枚目を書いて完成させます。
03:基本練習
硬筆が終わったら、毛筆の準備をして「基本練習」をします。
04:課題練習
基本練習が終わったら、学年ごとの毎月の課題を練習をします。
05:添削&アドバイス
1枚書いたら先生に見てもらいます。丸を付けてくれます。直した方が良いところは説明しながら書いて見せてくれますので、しっかり見て、聞きます。わからないところは先生に質問して何度も書いて見せてもらいましょう。
06:個人練習&清書
先生のアドバイスをいかして、練習をします。何枚書いても良いです。終わりの時間になる前に清書もしましょう。
07:完成&後片付け
一番上手に書けた作品に名前を書きましょう。名前もゆっくりていねいに仕上げます。 後片付けもしっかり行います。自分の机のまわりは、教室に入った時と同じ状態に戻します。

成人(高校生

01:準備
02:基本練習&アドバイス
1人1人異なる課題点、次のステップにつながる要点を丁寧にアドバイスします。
03:個人練習
04:提出課題完成&後片付け