当教室では、講師が保有する公衆衛生に関する資格(保健師)、技術を活かし、教室内における感染症発生の予防について、徹底した対策を行います。

教室運営方法
  • 教室は、30㎡のスペースに講師1名に対し、生徒数は最大6名とする。
  • 指導終了毎に、アルコール、弱塩素系消毒剤を用いて、机、用具類の拭き取りを行う。
  • 講師の検温、手指消毒を徹底する。
  • 3.に関連して、生徒と用具の受渡しが発生(指導上、墨継ぎ等の補助)する場合、前後で必ず手指消毒を行う。
生徒の入室前後の対応について
  • 入室時は必ずマスクの着用する。
  • 入室時に手指消毒をする。
  • 入室時に検温を行う。
  • 入室後に、咳、鼻水、頭痛、その他風邪症状が他覚的に把握された場合は、その時点で帰宅とする。
以下、毎回、確認・同意を得る事項
  • 普段より体温が高い状態(37.5℃以上とは限らず)にありません。
  • 咳、鼻水、咽頭痛、頭痛、その他風邪症状はありません。
  • 同居家族に、咳、鼻水、咽頭痛、頭痛、その他風邪症状がある人はいません。
  • 途中で、体調に異変を感じた場合には、「必ず」すぐに申し出ます。
  • 新型コロナウイルスに感染していることが明らかとなった場合は、「必ず」速やかに教室に連絡します。
  • 新型コロナウイルスに感染した人と濃厚接触していたことが判明した場合には、「必ず」速やかに教室に連絡します。
  • 学校、学級閉鎖時には、自主的にお休みします。

以上、徹底した上で、教室運営をいたします。ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

2021.1 日本習字 こうけん道場
支部長  釋 康絢
(2021.7 一部改訂)